比較:コンサルティングとアドバイザーの違い

何をどうしたいか、チェックリストを!

お客様から質問があったので、これは一つ書いておかないと!って思い、ここに現そうと思います。

まず、私の仕事の主軸はチラシやパンフレット、パッケージ、ラベルなどの紙媒体・印刷物を主体としたデザインです。

そして販促に関するアドバイスをしています。

そのアドバイスについて、コンサルタントと意味を捉え間違えている方がいらっしゃることに気づいたのです。

私はアドバイザーなので「お客様が〜したい」ということをするために、その手段はこれがいいよ、あれがいいよとアドバイスします。お客様がこうなっていきたいということに寄り添い、予算内で一番効果的であろう手段を提案し、一緒に考えていきます。

コンサルタントは例えば売り上げをあげるという目的があれば、それに対しての提案をしていきます。お客様がどのように思っていようと、これは違いますよ、こっちの方が効果的ですよという具合です。

なので、私の場合はお客様が〜したいという意思表示がない、連絡が取れないままだと、仕事は停滞します。もちろん、どうですか?どのようにやってみたいですか?という話は出します。

だから、提案を待たれても、こちらからは提案はしません。お客様が主導で動きます。お客様はその道のプロであり、私はそれを活かしてPRするプロだと思っているからです。

企画・提案はします。でも、その前に「〜したい」ということがなければ、実現できません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です